かぼちゃとアスパラのソテー 小雀陣二 レシピ監修

これから本格的に焚火が楽しい季節。生粋のキャンパーにはうれしいですね。焚火をしに行きつけのキャンプ場でのんびり。パチパチと音を奏で、赤やオレンジのゆらゆらとゆらめく暖かい炎をぼーっと眺める。いいですよね~。
秋ならではの食材がおいしい季節、今回は秋の味覚かぼちゃを使った料理3品。身体も暖まる前菜、スープ、メインになるおかず。かぼちゃの煮物以外に「あ、こんなのもあり?」と思ってもらえたらと思い作りました。かぼちゃはデザートにも向いている食材だし、幅広く使える食材だからキャンプの時は1個買って行くといいですよ。
材料
かぼちゃ 約350g
トマト 中2個
緑アスパラガス 4本
白アスパラガス 4本
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ2
クミン 小さじ1
塩 適宜
白コショウ 適宜
作り方
・かぼちゃは種を取出しカット。
・アスパラガスは根元の固い部分の皮をむきカットし5、6cmに幅にカットする。トマトはへたを取り縦にカットする。
・じゃがいもは洗い、玉ねぎは皮をむき縦半分にカット。
・豚バラに塩コショウしておく。
1)ダッチオーブンに敷き網、水を入れかぼちゃを並べ中火で15分くらい蒸す
2)蒸し上がったら取出す
3)豚バラ、パプリカ、玉ねぎ、じゃがいもを中火で00分蒸し焼きにする。その後材料を取出し、残ったスープの300mlをボウルにあけておく
4)じゃがいもは皮をむき乱切り、玉ねぎ、パプリカは小さめにカットする
5)スキレットにサラダ油、にんにく、クミンを入れ中火で熱する
6)かぼちゃの1/3のを乱切りしアスパラガスと共に全体に焦げ目が付くようにまんべんなく焼く
7)トマト、100mlの水を入れて強火にし5分ほど煮込む
8)塩コショウで味を整えればソテーの出来上がり
ワンポイント

・ソテーは強火でさっと手早く炒める。あまりくたくたに柔らかくなるとおいしくなくなります。

レシピ監修

小雀陣二

「チュンチュン」の名で知られるアウトドアコーディネイター。
アウトドアメーカー、シーカヤックショップ等々いろいろと渡り歩き、現在はアウトドアコーディネイターとして主にアウトドア雑誌に関わり、最近はラジオやテレビにも活躍の場を広げている。
住まいは鎌倉、暇さえあればサーフィンと根っからの海っ子。
何でも率無くこなす事から「コンビニエンスな男」と呼ばれるそんなチュンチュン監修のアウトドアレシピ本「だれでもキャンプの王様 アウトドア・レシピ101」(枻出版社)も好評発売中!

今回使用した製品
  • キッチンオーヴン ループハンドル10 1/4インチ

    両手で楽に持ち運ぶことの出来るループハンドルの付いたキッチンオーヴンです。 本体サイズは従来のつるハンドルのタイプと同じです。カバーは スキレット 10 1/4インチと共用が可能です。

    商品情報はこちら