ローストチキンの煮込み鍋 小雀陣二 レシピ監修

寒い冬に暖かい鍋というのはみんなに喜ばれる定番料理。 せっかくのダッチオーヴンなのでオーヴン料理+煮込み料理で出汁が効いたうまみたっぷりのスープを生かした鍋料理を紹介します。
オーヴン焼きした鶏のもも肉は全部鍋にしてもいいし、ローストチキンとしておつまみや前菜として食べてもおいしいからおすすめ!
鍋の具は煮込んでもおいしい素材が◎。とはいえお好みでOK。
今回のサイドディッシュは簡単デザート。発酵もなく、ほんとに簡単に作れるので試して欲しい。中身の具材はお好みのデザートやクリームでも美味しい。
材料
【鍋】
骨付きもも肉 中4本
下仁田ねぎ 1本
白菜 1/2個
厚揚げ 2枚
えりんぎ 大4本
葛きり 200g
だし用こんぶ 1枚
レモン 1~2個
サラダ油 大さじ1
【たれ】
にんにくすりおろし 小さじ1
ごまのすりおろし 大さじ2
豆板醤 大さじ1
砂糖 大さじ1
ナンプラー 大さじ1
作り方
・鶏もも肉は前日から塩をふっておく
・(具)ねぎは大きめに白菜も大きめにカットし、厚揚げは好みでカットし、エリンギは大きめに裂いておく
1)ダッチオーブンの底に網を敷き、 鶏を並べる
2)上下とも中火になるくらい炭をのせて、オーブン焼きする(上に載せた6インチは今回のデザートも同時に作っています)
3)10分程で下火を取り除き上火のみで20分程焼いていく
4)網を取り出し、ひたひたになるくらいお湯を注ぎ、昆布を入れ強火で熱し、骨が簡単に外れるくらい煮込んでいく
5)ボウルにたれの材料を入れてよく混ぜる
6)ダッチオーヴンに(具)の野菜を入れて煮込み、(5)のたれをつけて食す
ワンポイント

・オーヴン焼き時の下火に注意し鍋の底を焦がさないように
・タイ風甘辛のたれが今回のポイント。食材をさっぱりと食べられる
・レモンを絞っても東南アジア的な味になってGOOD。たれはお好みで簡単に市販のポン酢でもOK

レシピ監修

小雀陣二

「チュンチュン」の名で知られるアウトドアコーディネイター。
アウトドアメーカー、シーカヤックショップ等々いろいろと渡り歩き、現在はアウトドアコーディネイターとして主にアウトドア雑誌に関わり、最近はラジオやテレビにも活躍の場を広げている。
住まいは鎌倉、暇さえあればサーフィンと根っからの海っ子。
何でも率無くこなす事から「コンビニエンスな男」と呼ばれるそんなチュンチュン監修のアウトドアレシピ本「だれでもキャンプの王様 アウトドア・レシピ101」(枻出版社)も好評発売中!

今回使用した製品
  • キャンプオーヴン 10インチ

    キャンプ用の脚付きのダッチオーヴンです。フタには炭を乗せられるようにふちが付いていてローストビーフやデザートの上火調整も可能です。

    商品情報はこちら