卵焼きグラタン 小雀陣二 レシピ監修

ロッジのエナメルシリーズはアウトドアではもちろん、家庭でも大変使いやすい優れもの。
冬のシーズンは特に煮込み料理に活躍するし、そのままオーブンに入れられるのから料理の幅も広がる。
今回はアウトドアでも家庭でも喜ばれる2品。年末のパーティーや子供も喜ぶ・・・
と思って考えました。自分なりのアレンジを加えて実際に試して欲しいと思います。今回は2品のレシピをご紹介します。メニューは牛バラのトマト煮込みサフランライス添えと卵焼きグラタンをご紹介。
材料
スライスベーコン6枚
鶏もも肉 100g
シーフードミックス 200g
たまねぎ 中2個
インゲン 25本
卵 5個
牛乳 250ml
ピザ用チーズ 100g
バター 20g
小麦粉 大さじ3
ナツメグ 少々
塩 適宜
コショウ 適宜
作り方
・シーフードミックスは、さっと洗い水を切り、鶏もも肉とともに塩、コショウ。玉ねぎは皮を剥き、へたを取り縦に1/2に切り8当分にカットする。インゲンもへたを取る。
1)スキレットにお湯を沸かし、塩を少々入れ、インゲンを4回に別けてそれぞれ1分ぐらい茹でる。ゆであがったものを斜めにスライスする。
2)ボウルに卵をすべて割り入れ、塩、コショウ、牛乳50mlを入れてよく混ぜる。別のボウルに小麦粉、牛乳200mlを入れよく混ぜる。
3)スキレットを中火にかけ、バター10g、玉ねぎを入れ中火で炒める。透き通ってきたら半量を取り出し、シーフードミックスと鶏、バター5gを入れ、さらに炒める。
4)弱火にし、(2)の小麦粉と牛乳を混ぜたものを少しづついれて混ぜる。中火に戻し、とろみがつくまで火を入れ、一度取り出す。
5)洗ったスキレットを中火にかけ、バター5g、スライスベーコンを敷き詰め、取り出していた玉ねぎを入れる。
6)溶き卵を少しづつ火を入れながら流し込む。
7)その上から(4)をのせ、インゲンを散らし、さらにチースを少し散らし、ガストーチバーナーでチーズをちょっと焦がし出来上がり。
8)完成。
ワンポイント

●インゲンは短時間で茹でて、歯ごたえが残るように。いっぺんに鍋に入れるとお湯の温度が下がって茹ですぎてしまうから4回くらいに分けて茹でる。
●牛乳が入ったグラタンの具は焦げやすいから注意!
●ベーコンを底に敷くことで卵が焦げすぎない。

レシピ監修

小雀陣二

「チュンチュン」の名で知られるアウトドアコーディネイター。
アウトドアメーカー、シーカヤックショップ等々いろいろと渡り歩き、現在はアウトドアコーディネイターとして主にアウトドア雑誌に関わり、最近はラジオやテレビにも活躍の場を広げている。
住まいは鎌倉、暇さえあればサーフィンと根っからの海っ子。
何でも率無くこなす事から「コンビニエンスな男」と呼ばれるそんなチュンチュン監修のアウトドアレシピ本「だれでもキャンプの王様 アウトドア・レシピ101」(枻出版社)も好評発売中!

今回使用した製品
  • スキレット 10 1/4インチ

    10 1/4インチ(10.5インチ/外径26cm)の スキレット です。一般に販売されている鉄製のフライパンと違って、 スキレット は厚みがあるのでバラエティに富んだ焼き料理が可能です。使うほどに手入れが簡単になるので、家庭でも毎日使えます。 ※両手で持てるハンドル付き。

    商品情報はこちら