ダブル山椒のカリっとジューシー唐揚げ 蓮池陽子 レシピ監修

LODGEマジックポイント!
いつもの手間と少ない油でも、鋳鉄パワーでカリっとプロ級の仕上がり!
山椒と花椒がピリッと効いた、カリふわの唐揚げ。
少な目の油で手早く作る唐揚げは、中はジューシー外はカリッ!
2度揚げ要らずの、絶対失敗しない揚げ方を教えます。
材料
鶏肉 2枚(約600g)
【下味】
・酒 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1/2強
・にんにく (すりおろす) 1かけ
・しょうが (すりおろす) 1かけ
・山椒 小さじ1/2 (ドライの粒の山椒)
※粉末の山椒の場合は最後に振りかけて香りを補うと良い
・花椒 小さじ1
小麦粉 大さじ2
かたくり粉 大さじ6ぐらい
サラダ油 適量
仕上げ用の山椒、花椒 適宜
作り方
下準備
花椒、山椒はビニール袋などに入れ麺棒などで袋の上からすり潰す。鶏肉は食べやすい大きさに切り下味の調味料で味付けし、30分〜1時間おいてよくなじませる。
1. 下準備をした鶏肉に小麦粉を入れてよく混ぜる。次に片栗粉をしっかりまぶし、粉っぽさがなくなるまで手で軽く押さえなじませる(馴染むまで10分ほど置いておいても良い)
2. スキレットにサラダ油を入れて火にかける。手をかざしてあたたかくなったら、鶏肉を入れて蓋をし、中弱火で1分半加熱する。(ジュワジュワと音がして30秒ぐらい)
3. 蓋を外してすぐに裏を上に向け水滴が落ちないようにする。(油に水滴が落ちるので跳ねに気を付ける)
4. 鶏肉をひっくり返して表面がカリッとするまで揚げ、網にあげる。
Point!
1)片栗粉を鶏肉にまぶして、良く馴染ませる事!
2)最初は低温から、蓋をしてある程度火が通ったら蓋を開けて中火にし表面がカリッとなるまで揚げる!
レシピ監修

蓮池陽子

(ハスイケヨウコ)
東京雑司が谷出身。アウトドアとお酒と味噌を愛する料理家。美味しい山菜があれば、世界へも足を運ぶ”山菜ハンター”であり唎酒師。豊かな自然と美味しいものの関係性を再認識。「食の物語を紡ぐしごと」をコンセプトに活動する。
酔いどれ料理教室の「つまみ道」講師(中目黒SML)や料理好きを増やすための料理教室を開催。レシピ開発、雑誌掲載。本執筆、ケータリングなどでも活躍中。著書は「バウルー公認! アウトドアでホットサンド」(2020年1月発売)「キャンプの肉料理」、「ごちそう作りおきレシピ」など
https://www.atelierstory.jp/

フードスタイリング
佐野 雅

撮影
深澤 慎平
http://fukazawashimpei.com/

今回使用した製品
  • スキレット 10 1/4インチ

    10 1/4インチ(10.5インチ/外径26cm)の スキレット です。一般に販売されている鉄製のフライパンと違って、 スキレット は厚みがあるのでバラエティに富んだ焼き料理が可能です。使うほどに手入れが簡単になるので、家庭でも毎日使えます。 ※両手で持てるハンドル付き。

    商品情報はこちら