オニオンフライ 鈴木アキラ レシピ監修

日本人はカレーが大好きで、キャンプでカレーを作るという人も少なくない。しかし、たいていは市販のカレールウを使って作っているのではないだろうか。今回はスパイスから作るカレーを提案したい。
カレーを「売り」にしているレストランでは「うちでは何十種類のスパイスを使い、 何ヶ月も寝かしてなじませてから使っています」というところもあって、そんな話を聞いてしまうと「スパイスから作るカレーなんて時間も手間もかかって自分には無理」と思ってしまうに違いない。でもそんな心配はまったく無用だ。
今回の料理の最大のポイントは、スパイスはパウダーではなくホール状のものを使い、そして作る直前に挽くということ。コーヒー好きで挽きたてのコーヒーを飲んだことのある人にはわかってもらえる思うが、あらかじめ挽いた豆で煎れたコーヒーよりも、煎れる直前に豆を挽いたコーヒーの方が断然うまい。香りを大切にするカレーという料理もまったく同じことが言えるのだ。石臼がなくてもコーヒー用のミルがあれば充分だ。
今回使用するスパイスはクミンシード、カイエンペッパー、コリアンダーシード、ターメリック、ナツメグ、カルダモン、クローブ、シナモン、オールスパイスの全9種類。しかし、最低限というのならクミンシード、カイエンペッパー、コリアンダーシード、ターメリックの4種類でもいい。クミンはいわゆるカレーの香りの元になるスパイスで、これを使うとどんな料理でもカレーフレーバーにすることができる。辛さはないので子供用のカレーを作りたい時にも最適だ。カイエンペッパーは一味唐辛子。これで辛さを調整する。ほかの全ては香りの元。使う種類が少ないほどそのスパイスの特徴が表に出るし、逆に使う種類を多くするほど香りと味は複雑になる。このバランスをみながら自分の好みのオリジナルブレンドを作ればいい。インドではクミンとターメリックを使っていればカレーと呼ぶという。
難しいことは考えず、とにかく一度でもスパイスから作ってみてほしい。こんな簡単なことだったんだと思うだろうし、普段食べているルウのカレーとの違いや、その香りの強烈さ、おいしさにビックリするだろう。
材料
・タマネギ:4個
・唐揚げ粉:200g
・チーズ(バルミジャーノ):100g
・コショウ:小さじ1
・塩:適宜
サラダオイル:2~3リットル
作り方
1)唐揚げ粉を水で溶き、すり下ろしたパルミジャーノチーズを混ぜ合わせる。衣は氷水などで冷やしておくとカラッと揚がる。
2)タマネギを放射状に切る。付け根を残しておき、完全に切らないようにしておく。
3)2のタマネギに衣を付ける。切り込みの中にもしっかり衣が入るようにする。
4)170℃に熱した油で揚げる。揚がると花が咲いたように開いてくる。形を崩さな いように取りだして塩とコショウで味付ける。
レシピ監修

鈴木アキラ

アウトドアライター。アウトドア雑誌やキャンピングカー雑誌、自動車雑誌等に寄稿。特に野外料理系の仕事が多い。アウトドアイベントの講師をはじめ、テレビやラジオの仕事も多く、ラジオ番組「電話子供相談室」の回答者にもなったりもするが、家にはテレビがない生活。
青森育ちでネイティブに東北弁を使いこなすほか、沖縄好きが高じてウチナーグチ(沖縄方言)もオバアと会話できるほどに。田舎のオバアチャンたちに郷土料理の作り方を教わるのが大好き。
「野外料理超簡単レシピ555」「キャンプで活躍! ナイフ・ナタ・斧の使い方」「これだけは知っておきたい サバイバル術食入門」「燻製&保存食作り入門」(いずれも山と渓谷社)など著書多数

今回使用した製品
  • キャンプオーヴン 12インチ

    キャンプ用の脚付きのダッチオーヴンです。フタには炭を乗せられるようにふちが付いていてローストビーフやデザートの上火調整も可能です。

    商品情報はこちら